真昼の月

そんな私は平成生まれ

2017.11.25〜2018.1.8「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」板橋区立美術館

板橋区立美術館美術館で開催された展覧会、「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」の最終日に私は観にいった。板橋区立美術館へ行くのは初めてだった。小雨のそぼ降る寒い日だった。地下鉄成増駅で降り、東上線成増駅南口バス停から満員の都バスに揺られることしばらく。「区立美術館」でだれが降りるかは、服装でだいたいわかった。

 

 

f:id:mahirunotsuki:20180129225457j:plain

 

 

ちいさな美術館は人であふれかえっていた。私は職場の先輩がゆずってくれた招待券をにぎりしめ、チケット売り場をスルーし、2階の展示室へ吸い込まれた。私はタラブックスの人たちがつくった絵本のことを知っていたのか、知らなかったのかが明確には思い出せない。どこかで手にした気もするし、そうでなかった気もするが、どの作品も初めて観る気がしない。壁という壁、空間という空間にひしめくように飾られていたのは、絵本と、その原画の数々。ドキュメンタリー映像や、民芸品。インドの地方を写した写真などもあった。

 

 

f:id:mahirunotsuki:20180129225832j:plain f:id:mahirunotsuki:20180129230117j:plain

f:id:mahirunotsuki:20180129230553j:plain 

f:id:mahirunotsuki:20180129230838j:plain f:id:mahirunotsuki:20180129230637j:plain

f:id:mahirunotsuki:20180129231259j:plain f:id:mahirunotsuki:20180129231219j:plain

f:id:mahirunotsuki:20180129231349j:plain 

f:id:mahirunotsuki:20180129231323j:plain f:id:mahirunotsuki:20180129231500j:plain

 

 

タラブックスは、インドのチェンナイという街にある。ときにはインド国内の民俗芸術家とよばれる人たちを取り込み、絵本をつくる。エスニックな絵柄には既視感もおぼえるが、その色使いの見事さと力強さはとにかく圧倒的。紙を漉くとか、インキを練るとか、刷り工程、製本工程も、映像でみることができた。創設者のギータ・ウォルフと、合流したV.ギータの対談が図録で読める。会社としても魅力的すぎる、タラブックスの本を、私は少しずつ手元にあつめたい。

 

 

  

玉城ティナ写真集 渇望

私が人物の写真集を買うときは、モデルと写真家のどっちも好きだったときが多い。どんなに被写体を好きでも、撮っているのが好きな写真家じゃなかったら、だいたい気に入らないことが多いのです。玉城ティナは見た目が好みすぎて。広瀬すずを初めて見たときにも衝撃を受けたけれど、役によって髪型が変わったりするのは仕方のないこと、だけど、玉城ティナはボブをつらぬいているのがまた孤高のイメージを(私に)植えつけた

この写真集は、若手の作家やスタイリスト、映画監督、イラストレーターたちと玉城ティナによるクリエイションの産物。文字による刺激に弱い私は、くぅぅ…ってなりつつも、特に玉城ティナの青い才能の萌芽にこれからを期待するのであった

20歳って無敵だった。なんでもやろうとしていたし、できると思った。自分にとって20歳は本当に過ぎ去ってしまったのか?私の先生は葛飾北斎を引いて「70歳の私は青春真っ只中」と言った

 

 


山戸結希監督×玉城ティナコラボムービー『玉城ティナは夢想する』特報解禁!

 

 

渇望

渇望

 

 

 

ーーー10/8追記ーーー

 

玉城ティナが20歳になったのなら、私は30歳になったときに髪を切ろうと思う(あと1年半)

 


玉城ティナ主演・山戸結希監督作品『玉城ティナは夢想する』

蝶が舞う ギャラリーアフタヌーンティー シーズンスタイル

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町
Sky Gallery Lounge Levita

 

ギャラリーアフタヌーンティー Season4

 

f:id:mahirunotsuki:20170930225347j:plain

 

f:id:mahirunotsuki:20170930225358j:plain

 

f:id:mahirunotsuki:20170930225405j:plain

 

f:id:mahirunotsuki:20170930225410j:plain

 

■セイボリー
日替わり6種       
 
■スコーン
プレーン
かぼちゃ         
 
■ジャム
メープルシロップ
ミックスベリージャム  
クロテッドクリーム

■スイーツ
葡萄と白ワインのジュレ
ムースショコラ ベリーソース
 ピーカンナッツのクロカン
ほうれん草のシフォン ブラウニーのピンチョス
ケシの実のマドレーヌ プティポワール
タルトフロマージュ プルーンの赤ワイン煮
マロンのいがぐり
抹茶とキャラメルのエクレア

■紅茶10種類
ダージリンサマーゴールド
アールグレイ
フルーティーカモミール
ジャスミンゴールド
アーユルヴェーダ ハーブ&ジンジャー
イングリッシュブレックファースト
スイートベリーズ
オリエンタルウーロン
フルーティーホワイト
リフレッシングミント         
 
■コーヒー6種類
ブレンドコーヒー
カプチーノ(ホットのみ)
シングルエスプレッソ(ホットのみ)
ソイラテ
カフェラテ
カフェオレ

ピアスの穴をあける

耳に挟むだけのイヤリングは、気づいたら片方なくしていた、なんてことがザラにありそうで、いまいち積極的になれない。結婚式に出るのに、安いコットンパールのイヤリングを買ったことがあるけど、2回目の出番で片方なくなった。ほら見ろ。お化粧室に行くたびに、鏡を確認していたのに。なにしろ安物なので、まったく痛手ではない。でもとびきりのお気に入りを手に入れたとして、それをなくしたとして、なんて想像しただけでも鳥肌が立つ。だから私の耳はいつもさみしい。

4月のこと。「ピアスをプレゼントしたい」と言われたので、「ではそろそろ穴を開けましょうかね」と答えた。ピアスだってなくすときにはなくすだろう、けれど、イヤリングの方が断然なくしやすいと私は決めつけている。彼はとてもうれしそうに私をジュエリーショップへ連れていった。私がかわいいと思ったものは、彼のお眼鏡に敵わなかったようで、ほかのものを提案された。それは別に嫌ではない。私がかわいいと思うものは、必ずしも私に似合うとは限らないから。 

そんなこんなで手元にやってきた、素敵なダイヤのピアス。埃がかぶるころ、慌ててはたき、リボンをほどかないようにして箱を開ける。よしよし、ちゃんと一対そろっているね。そうしてまた蓋をかぶせて、リボンを元どおりに掛け直す。それを何回か繰り返したら、5ヶ月も経ってしまった。やっとあけに行くよ。明日ね。

アンネ・フランクと出会った経緯と夏の旅について

私の読書はふたつのパターンの繰り返しで連綿とつづいてきた。ひとつは気分で読みたい本を決めるパターン。もうひとつは、芋づる式に関連書籍を読みふけるパターン。今は後者の波の狭間をたゆたっている。

 

記録によると、初めて増補新訂版 アンネの日記 (文春文庫)を読んだのは2015年3月。いつか読んでみたいと思いながらも機会を逸してきた。マームとジプシーの芝居を観るようになり、今日マチ子さんの漫画作品を買い揃えて読んだ。COCOONのあとに、アノネ、(上)を読んで、あらためてアンネ・フランクに興味をもち、アンネの日記を読んだ。本棚で出番待ちをしていた夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録も読んだ。その後アメリカに関する本を数冊読み、マームとジプシーのイタリア公演ドキュメント『イタリア再訪日記』を読んだ。戯曲つながりでサラエヴォ・ノートを読んだ。またドイツにもどってあのころはフリードリヒがいた (岩波少年文庫 (520))を読んだ。これが2014年末〜2015年4月あたりの流れだった(もちろん、この流れに無関係の本も読んでいます)。

 

2014年の夏に、初めての海外旅行をした。行き先はドイツとオーストリアで、3年後の今年も、ドイツに住む友人とヨーロッパ旅行をしようという話が持ち上がった。ちょうど仕事で浮世絵を眺める日々がつづいたので、ゴッホを中心にオランダ〜ベルギーの美術館めぐりがしたい、と思ってA19 地球の歩き方 オランダ ベルギー ルクセンブルク 2016~2017を買った。パラパラめくるとどうしても目につくのがアンネ・フランクだった。それから私の関連書あさりが始まったというわけなんです!

 

 

アンネ・フランクの記憶 (角川文庫)

アンネ・フランクの記憶 (角川文庫)

 

 

思い出のアンネ・フランク (文春文庫)

思い出のアンネ・フランク (文春文庫)

 

 

アンネ、わたしたちは老人になるまで生き延びられた。

アンネ、わたしたちは老人になるまで生き延びられた。

 

 

アンネとヨーピー―わが友アンネと思春期をともに生きて

アンネとヨーピー―わが友アンネと思春期をともに生きて

 

 

アンネの童話 (文春文庫)

アンネの童話 (文春文庫)

 

 

これらに登場するアムステルダムの通りの名前は、もういくつかおぼえてしまった。「アンネ・フランクの家」には必ず行かなくちゃ。

そもそも男の子にクズなんていない

身近な人にセックスの話をしたり相談したりするのはなんとなく気恥ずかしいので、もっぱらネットで解決しているのだけど、わりに良い話し相手になってくれているのは「AM(アム)」の記事。時々読んで脳みそに刺激を与えています。

 

今朝たまたま回ってきた記事で、下田美咲さんという人を初めて知った。過去の連載でも「付き合う前にセックスしたから彼女になれなかったんじゃなくて、そもそもが彼女にはなれなかったってこと」式の論理展開を何度か見かけたけど、まったくそのとおりなのかもしれません・・・。

 

am-our.com

 

この記事のなかで、インタビュアーの柴原さんと一緒に「え?!」と言ってしまったのが、「そもそも男の子にクズなんていない」という発言でした。

 

下田 女の子に対してひどい扱いをしている男の子を見たことがあるかと言われればありますが、その男の子は、女の子に応じて扱いを変えてるだけ。つまり男の子にクズ対応されている女の子が男の子を「クズ」と言うだけです。私が付き合ってきた男の子の中には、それまでに他の彼女に対してクズだった子もいるし、DVしていた子もいましたけど、私にはそうじゃなかったです。だから、女の子の方が悪い部分を引き出しちゃってるだけだと思いますね。そもそも人間は全員クズな部分を持ってます。

 

なるほどーなるほどーなんだかちょっと自信が出るっていうか、自分の直感を裏付けてもらった気分。単行本の評価はあんまり高くないね・・・「恋愛『非常識』」がテーマのところ、常識を持ち出して語っては低評価にならざるをえないのでしょうけど。来月新刊出るみたいです。

 

 

 

ダイエットをがんばってみる:2週間目突入

ダイエットアプリを導入して2週間が経つわけだけど、順調に続いています。記録することがモチベーションになって、お菓子食べちゃおっかな〜と思っても踏みとどまったり、社食でハンバーグ食べたいな〜と思ってもカロリーをみて低い方を選んだり、行動それ自体の変化につながっているなあと思う。

 

朝は、トーストにジャムを塗って食べることが多かったけど、カルビーのフルグラに変えた。おいしいし時間もかからないし、いろんな味が出てるから続けられそう。あとは、インスタグラムで公開ダイエットしている人(もう身体ができあがっている人が多い)を何人かフォローした。その人たちの写真が目に入ると、反射的に姿勢を正したり、お腹をキュッと凹ましたり、意識する回数が多くなった。

 

 

カルビー フルグラ チョコクランチ&バナナ 700g×6袋
 

 

 

そんな感じで、今回ばかりは食べずに痩せるつもりはないので、2週間経っても見た目上の変化はない。昨日も飲みに行ったし、週末はせっかく実家にきているので、出されたものは食べている。食べた分体重は増える。でも、朝一に計測すると、ざっと体重1キロ/体脂肪率1パーセントはダウンしているかな。ゆるく続けていきたい。